無人教室で授業を録画・配信

今回は、急場対応で、先生方に学校に来てもらって、無人教室で授業をお願いしました。90分はつらいため、50~60分でしょうか。残りの時間で、講義内容のまとめを板書する、パワポの資料を見せて再確認する、問題を出してそれを解かせるなど、時間の使い方は色々でした正直、学校も教員も学生も慣れたかなという頃に、通学に切り替えるこになりました。

教員・学生共にプラス評価の授業

通学再開後、教員・学生にアンケートをしました。先生が教室での授業とは構成を変えて、教材も作り直し時間配分も考えたといういくつかの授業は、「何が重要かわかりやすい」「教室での授業よりも自分が勉強した気がする」「ずっと聞いているよりも集中した」など学生に好評でした。「教案に時間かかりましたが、通学再開後の確認テストの結果に満足」「伝わる教材について改めて考える機会となった」など、急場しのぎで終わらせない言葉が返ってきました。

究極の授業をオンライン化

今回のオンライン授業の結果を見て、この学科の導入科目は〇〇先生にお願いしたいというとき、授業をそのまま配信するのではなく、構成や教材、時間配分を考えて「オンライン授業の完成版」を作って録画しておいてはどうかという意見が出ています。eラーニング的なテスト部分も含めることで、個々の学習進捗管理や理解度管理もできると思うのですが。

【困ったら】eラーニングベンダーに聞いてみよう