ウェディングの現場は正確さも必要です

例えば、花ですね、会場に入るまえのロビーや控室の花も、挙式なさる方の選んだプランや価格によって異なります。一輪挿しもあれば、かなり大きめのアレンジもあったり、当然のことながら、花も違えば花器も違います。午前、午後それぞれで2席、うちは多い時では5会場フル稼働することもあって、それぞれに合わせて準備してあるんですが、間違えることがけっこうあります。ま、個人の能力もあるんですよね。

写真はコスト高で手間もかかります

プランごとで一覧作って写真にしてまとめたものを、渡しているのですが、ポケットに押し込んで持ち歩いているうちにボロボロになってしまいます。事務用のインクジェットプリンタでカラー印刷すると、コストかかるんですよ。使う側にしても、ページをめくったり、どれか探したりが、けっこう手間に思えるらしく、よく分かっている先輩のところに聞きに行くことも少なくありません。よくわかっている先輩ほど忙しいんですけどね。

何を調べているか知りたいと思います

忘れたとか分かりにくいとか言われますが、人によってミスの内容も違うのではないか、間違いを起こしやすいものもあるのではないかと、思うこともあります。インターネットで検索するみたいに、プラン名、場所、価格など入れればすぐに必要なものの一覧が出てきて確認できないかって、考え始めています。誰が何を調べているかが、こちらで分かれば、ミスを少なくする対策もできるし、先輩たちの負担も減るのではないでしょうか。eラーニングにすれば、ログですか、分かりますか?

【困ったら】eラーニングベンダーに聞いてみよう